輸血拒否の対応について

宗教上の理由による輸血拒否に対する当院の対応

 『相対的無輸血で対応します』 輸血を行わないための出来る限りの努力はいたしますが、生命に危機が及び、輸血を行うことにより死亡の危機が回避できる可能性があると判断した場合には輸血を行うことがあります。

独立行政法人地域医療機能推進機構 可児とうのう病院

PageTop