交通のご案内
お問い合わせ先
可児とうのう病院
健康管理センター
訪問看護ステーション
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介
個人情報保護方針

職員研修会(ノルディックウォーク)

可児とうのう病院附属介護老人保健施設では、さまざまな研修を行っています。
研修を通して利用者のお役立てるよう、日々研鑚しています。

今回はそんな研修の一つ、ノルディックウォークを紹介します。

ノルディックウォークとは、約80年前にクロスカントリー選手の夏場トレーニングとして始まったと言われる、2本のポールを使ったフィットネスエクササイズの一種です。
老若男女を問わず腰やひざにあまり負担をかけずに効率よく運動できるため、近年多くの病院・施設で取り入られています。
NordicWalk-Training_160520_01

ノルディックウォークをするには、スキーのストックのような2本のポール(棒)を使います。
NordicWalk-Training_160520_02

このポールを調節し、自分の身長にあった長さにします。
NordicWalk-Training_160520_03 NordicWalk-Training_160520_04

調整が終わったら実際に歩いてみます。最初は右手と右足が一緒に動いてしまったり、まったくポールを使うことができなかったりと戸惑っていましたが、すぐに歩けるようになりました。
NordicWalk-Training_160520_05

慣れてきたので場所を中庭へと移し、広いところで体験してみます。
NordicWalk-Training_160520_06 NordicWalk-Training_160520_07

職員からは、「体にあまり負担をかけず気軽に全身運動ができる」、「ポールを突くことにより上半身が起き姿勢よく歩くことができる」、「気が付けば長い距離を歩いていた」などいろいろな声がありました。
NordicWalk-Training_160520_08

今後もたくさんの研修を行い知識と結び付け、利用者の方々へ役立てられるよう励んでまいります。
PageTop