院長挨拶


jcho「岐阜社会保険病院」は

「独立行政法人地域医療推進機構 可児とうのう病院

として新たにスタートいたしました

incho   岐阜社会保険病院を含む、全国の社会保険病院、船員保険病院、厚生年金病院の3病院グループは、平成26年4月より独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)が直接運営する病院グループとなりました。  JCHOは5事業(救急医療、災害医療、へき地医療、周産期医療、小児医療)、5疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、神経疾患)、リハビリテーション、そのほか地域において必要とされる医療および介護を提供する機能を確保を図ることを目的としています。また、全国に約60ある病院ネットワークを生かし、全国の地域医療、地域包括ケアの要として医療人育成にも力を入れていきます。

 この改組に伴い、当院も「可児とうのう病院」へ名前が変更となりましたが、地域を支え地域住民の方々に愛される病院を目指す姿勢は変わることなく、引き続き努力を重ねてまいりますので、皆様のご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

  可児とうのう病院 院長 岸田喜彦 

PageTop