地域包括ケア病棟開設のご案内


■ 地域包括ケア病棟を開設しました

 当院は平成27年9月より東3病棟(53床)を『地域包括ケア病棟』として運用することとなりました。

■ 地域包括ケア病棟とは?houkatuimage

 「住みなれた地域・自宅で暮らそう」を合言葉に「自宅に帰る」ことを目的とし、退院に向けた準備・相談を行っていく病棟です。

  急性期から在宅療養までを結ぶ「かなめ」となります。

 (在宅とは自宅と居住系介護施設などの総称)

■地域包括ケア病棟の役割

  お住まいの地域・ご自宅での生活に帰るための支援

  1)ご自宅で暮らす気持ちの準備と、必要な心身機能の回復

     必要な治療に加え、リハビリテーションや食べるための訓練・口腔ケア・栄養指導・

    薬の調整などを、主治医をはじめ看護師、リハビリテーションスタッフ、医療相談員等が

    協力し、ご自宅や介護施設への復帰に向けた医療や支援を行います。

  2)ご自宅での生活を考えた退院支援

     地域のかかりつけ医、介護施設、ケアマネージャーと連携し、ご自宅に帰られた後も安心して生活して

    いただける退院支援と退院後のサポートを行います。

■ 入院対象となる患者さん

  1)入院治療により状態は落ち着いたが、もう少し経過観察やリハビリテーションが必要な方

  2)ご自宅での療養の準備が必要な方(日常生活に不安を感じ、様子を見ながら退院の準備を進めたい方や、住宅改修が必要な方)

  3)居住系介護施設への入所準備中の方

  4)その他、地域包括ケア病棟で受け入れが可能な疾患

  5)在宅療養中の方の一時入院              ※ 入院期間は60日を限度としております。

■ 入院費について

  1)入院費は定額で、リハビリテーション・注射料・投薬料・処置料・検査料(一部除外あり)等が含まれます。

  2)ひと月の医療費の負担額には上限が定められていますので、一般病棟の場合と負担上限は変わりません。

■ お問い合わせ

 地域包括ケア病棟についてのお問い合わせやご相談は「医療連携室」までお尋ねください。

 電話 0574-25-3120

PageTop