病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
契約情報
情報公開
病院機能情報公開
バリアフリー情報
オプトアウト情報
敷地内全面禁煙のお願い
輸血拒否に対する当院の対応
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
医療安全管理指針
院内感染対策指針

平成30年 可児とうのう病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 26 33 55 120 183 477 990 716 256
疾患が重症化しやすい高齢者(60歳以上)の割合が85.1%と高い比率になっており(前年度比0.4%増)、最も多い70歳代は34.5%を占めています。(前年度比2.8%増)近隣市町村人口の高齢化と共に受療年齢も高齢化が進んでいます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病:なし 64 4.34 2.67 0 69.73
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 61 29.41 17.66 8.20 84.59
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2:4あり 副傷病:なし 53 17.40 16.17 0 76.09
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 33 24.82 20.92 3.03 84.79
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 31 14.35 10.08 3.23 73.68
消化器内科、血液内科の入院症例を多く受け入れています。また、高齢者に多くみられる循環器、呼吸器疾患の受入件数が毎年増加傾向にあります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 39 4.28 4.96 0.00 67.13
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:8あり 22 5.91 10.62 4.55 71.59
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 22 9.64 8.95 0.00 73.32
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 13 7.23 6.52 0.00 58.69
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 12 5.25 7.30 0.00 63.33
外科は部位や治療内容ごとに症例が多様であるためそれぞれの症例数は低くなっていますが、腹腔鏡手術や化学療法また乳がんの検診から手術までも多く実施してきました。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160690xx97xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) その他の手術あり 49 60.53 26.25 0.00 82.31
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 37 62.84 26.30 0.00 81.19
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 24 8.08 5.68 0.00 56.96
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病:なし 13 7.62 4.13 0.00 38.23
160820xx97xxxx 膝関節周辺の骨折・脱臼 その他の手術あり - - 7.10 - -
高齢者の患者の増加とともに、症例の上位にも腰椎、股関節部の骨折が多くなっています。平均在院日数も長い傾向にありますが、地域包括ケア病棟への転棟により在宅復帰に向けたリハビリや退院調整もサポートしています。※10未満の数値の場合は-(ハイフン)
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 重症度:片眼 211 2.44 2.84 0.00 75.38
020210xx99x1xx 網膜血管閉塞症 手術なし 手術・処置等2:あり - - 2.52 - -
020200xx99x2xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等2:2あり - - 2.47 - -
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 重症度:両眼 - - 5.39 - -
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.43 - -
年間200件以上の白内障手術を施行しています。※10未満の数値の場合は-(ハイフン)
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1:あり 26 2.00 2.04 0.00 55.19
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) - - 4.84 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.10 - -
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 - - 7.89 - -
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし - - 9.26 - -
めまいを中心に数例ずつの耳鼻咽喉症例の入院加療を実施しています。入院による睡眠時無呼吸症候群の検査も実施しています。※10未満の数値の場合は-(ハイフン)
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:あり 副傷病:なし 119 2.03 2.53 0.00 70.66
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 105 8.50 7.20 0.00 75.01
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1:なし 副傷病:なし 80 5.23 5.62 0.00 61.48
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 47 10.81 8.65 0.00 73.04
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病:なし 30 13.47 12.58 3.33 74.00
膀胱腫瘍や尿路結石の入院症例数が多くなっています。前立腺がんに対する生検や手術も多く実施しています。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし - - 20.92 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病:なし - - 12.58 - -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし - - 17.66 - -
161020xxxxx00x 体温異常   手術・処置等2:なし 副傷病:なし - - 5.73 - -
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 9.12 - -
当院の麻酔科では手術患者のフォローだけでなく、救急外来からの入院患者に対するフォローも行っています。※10未満の数値の場合は-(ハイフン)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 21 1 2 20 2 5 1 7
大腸癌 5 2 5 19 8 8 1 6,7
乳癌 3 0 0 0 1 6 1 7
肺癌 0 0 1 2 2 2 1 7
肝癌 2 0 2 1 5 2 1 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院で診断された5大癌のUICC病期分類並びに再発の実患者数を示しています。
StageⅠが進行度が低く、StageⅣが最も進行した病期を表します。StageⅢ、StageⅣになるにつれて再発率が高くなります。早期がんの割合は、胃癌で45.7%、大腸癌で12.8%、乳癌で75.0%となっています。当院は健診施設を併設し、がんの早期の発見にも努めています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 7 6.57 45.43
中等症 56 22.84 83.70
重症 17 23.59 85.82
超重症 20 37.15 88.65
不明 0 0 0
全国の傾向と同じように高齢者肺炎が増加しています。特に慢性呼吸器疾患をお持ちの患者さんは、繰り返し肺炎に罹患される方も多い状況です。高齢者で合併症を有する肺炎は重症化の危険性が高く、適切な抗生剤の使用や酸素投与などの治療が重要となり、長期入院する傾向となっています。また長期入院に伴う筋力・体力低下を防ぐため、早期の理学療法実施を心がけ在宅への退院調整にも力を入れています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 38 37.32 81.18 18.42
その他 4 47.00 0 76.00
脳梗塞は発症直後に救急車で来院される方が多いため3日以内の入院が多くなっています。脳疾患に対して、外科的治療が必要な場合は転院にて対応しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 74 0.66 3.36 1.35 70.50
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 22 0.64 12.18 0.00 76.05
K654 内視鏡的消化管止血術 20 2.35 19.10 0.00 73.85
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 19 0.74 11.21 0.00 74.47
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 17 3.59 9.88 0.00 73.47
最も手術症例が多いのは、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術です。内視鏡下で悪性腫瘍を切除するEMRも積極的に実施しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 33 1.15 1.79 57.82
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25 1.60 3.68 60.92
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 10 0.90 2.60 72.90
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの - - - - -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの - - - - -
当院は腹腔鏡手術を積極的に実施しているため、術後の入院日数が短い傾向にあります。開腹手術に比べ傷が残りにくく、退院までの期間が短くなるメリットがあります。※10未満の数値の場合は-(ハイフン)
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 30 2.03 55.83 3.33 81.23
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿 15 0.00 1.13 0.00 62.67
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 12 2.25 24.67 0.00 61.50
K0731 関節内骨折観血的手術 肩、股、膝、肘 12 2.00 47.25 0.00 68.75
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 12 6.17 68.58 0.00 80.50
高齢者の骨折手術が多くを占めます。術後の日数は長くなる傾向にありますが、リハビリテーションや地域包括ケア病棟の利用、退院支援によりご自宅や居宅系介護施設への退院がほとんどを占めます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 212 0.40 1.03 0.00 75.35
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K364 汎副鼻腔根治手術 - - - - -
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K370 アデノイド切除術 - - - - -
K467 頸瘻、頸嚢摘出術 - - - - -
耳鼻科領域の手術は少ない傾向にあります。※10未満の数値の場合は-(ハイフン)
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 108 1.36 6.56 0.00 74.93
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 80 1.00 3.23 0.00 61.48
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 30 0.80 7.43 0.00 66.17
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 23 1.00 7.96 0.00 75.17
K797 膀胱内凝血除去術 17 1.59 12.59 5.88 74.88
泌尿器科では膀胱悪性腫瘍の手術が増加しており、他院からの紹介患者も多く受け入れています、毎年増加傾向にあります。他にも結石に対する治療も数多く実施しています。
麻酔科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 - - - - -
K7151 腸閉塞症手術(腸重積症整復術)(非観血的) - - - - -
K7212 内視鏡的大腸粘膜切除術(長径 2㎝以上) - - - - -
上記は救急患者における手術症例ですが、他科における手術時の麻酔管理が麻酔科医により行われております。※10未満の数値の場合は-(ハイフン)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.10
異なる 4 0.14
180010 敗血症 同一 13 0.45
異なる 24 0.84
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.03
異なる 2 0.07
180040 手術・処置等の合併症 同一 1 0.03
異なる 0 0
厚生労働省による平成26年度のDPC対象病院全国平均は、上から順に、DIC(播種性血管内凝固)「0.17%」、敗血症「0.56%」、その他の真菌症「0.04%」、手術・処置等の合併症「0.70%」となっています。当院はほとんどが全国平均以下となっています。
更新履歴
2019.9.19
新規掲載
PageTop