病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
契約情報
情報公開
病院機能情報公開
バリアフリー情報
オプトアウト情報
敷地内全面禁煙のお願い
輸血拒否に対する当院の対応
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
医療安全管理指針
院内感染対策指針

平成28年 可児とうのう病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 23 35 44 70 181 245 631 982 743 227
重症化しやすい高齢者(60歳以上)の割合が81.2%と高い比率になっており、最も多い70歳代は30.9%を占めています。いずれも高齢者の増加傾向を表しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 27.98 17.95 4.92 83.13
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 59 18.46 16.83 0.00 75.64
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 27.55 21.25 4.76 86.4
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 28 10.29 9.19 0 64.5
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 16.52 11.06 0 77.4
血液内科、循環器内科の入院を多く受け入れています。消化器内科の患者数も近年増加傾向にあります。
小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100250xx99100x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 3.81 - -

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)


外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等29あり 45 4.96 10.76 0 70.2
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 10.29 9.08 4.76 68.76
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 14.7 15.92 0 71.95
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 16 6.81 6.91 0 43.88
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 15 6.53 6.82 0 65.2

外科は部位や治療内容ごとに症例が多様であるためそれぞれの症例数は低くなっていますが、腹腔鏡手術や化学療法も多く実施しています。


整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx97xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) その他の手術あり 39 48.33 19.19 0 79.79
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 28 63.11 27.63 0 84.25
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 27 4.56 5.49 0 58.89
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 14 31 20.64 714 77.93
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 12 34.25 20.57 0 75.75
高齢者の患者の増加とともに、症例の上位にも腰椎、股関節部の骨折が多くなっています。平均在院日数も長い傾向にありますが、地域包括ケア病棟への転棟により在宅復帰に向けたリハビリや退院調整もサポートしています。
眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等24あり - - 2.49 - -
020130xxxxxxxx 原田病 - - 16.26 - -
020360xx97xxxx 眼球の障害 手術あり - - 12.87 - -
眼科では、年間200件以上の白内障手術を施行していますが、DPCに該当しないため上記の数字には表示されません。※10未満の数値の場合は-(ハイフン)
耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 13 5.08 5.52 0 62.69
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし - - 9.6 - -
030425xx99xxxx 聴覚の障害(その他) 手術なし - - 8.44 - -
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり - - 7.75 - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.50 - -
耳鼻咽喉科は耳、鼻、咽頭、喉頭および頭頸部と多岐にわたります。その中でも当科では、めまいや扁桃周囲膿瘍等の急性炎症疾患の占める割合が多くなっており、外来治療で対応できない緊急の患者さんが入院となっています。※10未満の数値の場合は-(ハイフン)
泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 102 7.87 7.44 0 72.46
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 76 5.17 5.83 0 61.13
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 34 10.85 12.43 0 70.91
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし 29 2.86 5.25 0 57.55
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 21 11.57 7.78 0 67.29
当科で最も症例数が多いのは、尿路疾患や膀胱悪性腫瘍の患者さんです。前立腺がんの疑いに対する前立腺生検も多く実施しています。
麻酔科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 9.33 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 21.25 - -
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア1 - - 13.6 - -
010250xxxxxxxx アルコール依存症候群 - - 9.71 - -
0400801499x003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア3 - - 17.43 - -
当院においては麻酔科医による手術患者のフォローだけでなく、救急外来からの入院に対してフォローを行っています。※10未満の数値の場合は-(ハイフン)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 23 1 1 6 6 3 1 7
大腸癌 4 13 15 16 7 30 1 6,7
乳癌 15 10 0 0 4 4 1 7
肺癌 0 0 1 8 2 3 1 7
肝癌 0 1 0 1 5 12 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院で診断された5大癌のUICC病期分類並びに再発の実患者数を示しています。
StageⅠが進行度が低く、StageⅣが最も進行した病期を表します。StageⅢ、StageⅣになるにつれて再発率が高くなります。
早期がんの割合は、胃癌で62.2%、大腸癌で7.3%、乳癌で51.7%となっています。
当院は健診施設を併設しているため、早期での発見につながっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 13.86 55.14
中等症 78 21.13 79.5
重症 23 40.04 84.39
超重症 5 34.4 86.4
不明 0 0 0
全国の傾向と同じように高齢者肺炎が増加しています。特に慢性呼吸器疾患をお持ちの患者さんは、繰り返し肺炎に罹患される方も多い状況です。高齢者で合併症を有する肺炎は重症化の危険性が高く、適切な抗生剤の使用や酸素投与などの治療が重要となり、長期入院する傾向となっています。また長期入院に伴う筋力・体力低下を防ぐため、早期の理学療法実施を心がけ在宅への退院調整にも力を入れています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 3 19.33 79.0 0
その他 0 0 0 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 40 32.88 78.7 11.9
その他 2 13.5 79.0 2.38
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 1 21.0 81.0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
脳梗塞は発症直後に救急車で来院される方が多いため3日以内の入院が多くなっています。脳疾患に対して、外科的治療が必要な場合は転院にて対応しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 108 0.51 2.67 0.00 67.85
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 25 1.96 7.00 0.00 68.32
K654 内視鏡的消化管止血術 24 5.71 24.04 8.33 73.92
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 17 10.00 34.12 5.88 78.24
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 13 0.46 10.15 0.00 72.00
最も手術症例が多いのは、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術です。内視鏡を用いてポリープを観察し、顕微鏡による診断の必要性を判断しています。必要と判断された場合は、ポリープを切除しています。内視鏡下で悪性腫瘍を切除するEMRも積極的に実施しています。
外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 33 1.18 1.36 0.00 66.64
K6335 鼠径ヘルニア手術 29 0.55 2.03 0.00 45.07
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 29 1.07 4.17 0.00 60.38
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 17 7.88 18.88 0.00 73.35
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 10 2.80 9.50 0.00 69.90
当院は腹腔鏡手術を積極的に実施しているため、術後の入院日数が短い傾向にあります。腹腔鏡はお腹の中(腹腔)を観察する内視鏡の事です。おへその近くに数cm程度の小さな穴を開け、そこから内視鏡や手術具を挿入する方法です。開腹手術に比べ傷が残りにくく、退院までの期間が短くなるメリットがあります。
整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 36 1.78 63.06 0 82.89
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 20 0.15 0.14 0 58.85
K0732 関節内骨折観血的手術(胸鎖,手,足) 16 1.19 15.56 0 65.06
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 15 1.67 28.73 6.67 75.87
K0731 関節内骨折観血的手術(肩,股,膝,肘) 14 1.14 34.5 0 77.57
高齢者の骨折手術が多くを占めます。リハビリテーションの必要性に応じて術後の日数は長くなる傾向にありますが、リハビリテーションや退院支援によりご自宅や居宅系介護施設への退院がほとんどを占めます。
眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 184 0.19 1.05 0 75.36
K248-2 顕微鏡下角膜抜糸術 - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
白内障の短期滞在手術を積極的に行っています。
耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) - - - - -
K370 アデノイド切除術 - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K4061 口蓋腫瘍摘出術(口蓋粘膜に限局する) - - - - -
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) - - - - -
上記他にも睡眠時無呼吸症候群の検査であるPSGを多く行っています。※10未満の数値の場合は-(ハイフン)
泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 102 1.02 6.8 0 72.76
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 75 1.07 3.12 0 60.96
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 43 0.02 1 0 57.77
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 38 1.16 22.16 0 70.42
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 21 1 9.57 0 67.29
泌尿器科では結石治療の入院が多くなっており、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術については、クリニカルパスの導入により1泊2日入院で対応しています。膀胱悪性腫瘍の手術も多くなっており、他院からの紹介患者も多く受け入れており、毎年増加傾向にあります。
麻酔科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - - - - -
K5091 気管支異物除去術(直達鏡) - - - - -
K866 子宮頸管ポリープ切除術 - - - - -
上記は救急患者における手術症例ですが、他科における手術時の麻酔管理が麻酔科医により行われております。※10未満の数値の場合は-(ハイフン)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.03
異なる 12 0.38
180010 敗血症 同一 14 0.44
異なる 13 0.41
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 2 0.06
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.38
異なる 2 0.06
厚生労働省による平成26年度のDPC対象病院全国平均は、上から順に、DIC(播種性血管内凝固)「0.17%」、敗血症「0.56%」、その他の真菌症「0.04%」、手術・処置等の合併症「0.70%」となっています。当院はほとんどが全国平均以下となっています。※10未満の数値の場合は-(ハイフン)
更新履歴
2017/9/13
新規掲載
PageTop