麻酔科_ペインクリニック内科

当院麻酔科は、病院が目指す地域に密着した、地域の要望に応える医療を提供することを念頭に、以下のことを行っていきます。

質の高い麻酔を提供します

手術する患者さんは、麻酔はうまくかかるのかしら、麻酔から覚めるのかしら、手術後はとても痛くないかしら、と皆さん大変不安に思われます。麻酔科医の仕事はこうした手術を受ける患者さんに、痛みのない、苦痛のない状態を作り出してあげることで、術後早期の回復を手助けいたします。 特に手術後の痛みの管理にはいろいろな方法を取り入れて鎮痛を図っていきます。

ペインクリニックを行っていきます

東可児市地域ではペインクリニックを専門とする医療機関がほとんどありません。帯状疱疹後神経痛、慢性の腰痛症、三叉神経痛、と言った特に治りにくい、慢性の痛みに特化した診療を行っていきます。 ペインクリニック内科を標榜していますが、必要によっては脊髄刺激電極法と言った特殊な治療も行っていきます。

救急医療、プライマリケアに積極的に関わっていきます

地域医療では救急医療がその重要な部分になっています。 当科では救急搬送された患者さんの初期診療に積極的に参加し、必要に応じて専門診療科に紹介する、地域の医療機関いわゆるかかりつけ医への連携を行う、あるいはプライマリケアを提供していくと言った救急医の役割を果たしていきます。

研修医教育を行っていきます

専門に特化するのではく、幅広い診療能力を有する総合診療医を養成することは、地域医療機能推進機構の急務になっています。さらに総合診療医は専門医への橋渡しがスムーズにできなくてはなりません。そうしたバランス感覚を備えた能力ある医師を養成すべくその教育に積極的に関わっていきます。

 

洪 淳憲

統括診療部長
麻酔科診療部長

日本麻酔学会専門医・指導医
日本ペインクリニック学会専門医
日本救急医学会 専門医
PageTop