病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
契約情報
情報公開
病院機能情報公開
バリアフリー情報
オプトアウト情報
敷地内全面禁煙のお願い
輸血拒否に対する当院の対応
病院広報誌
よくあるご質問
ご意見箱
個人情報保護方針
医療安全管理指針
院内感染対策指針

耳鼻咽喉科 -睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)-

睡眠時無呼吸症候群とは

 睡眠中に無呼吸を繰り返し、日中の眠気など様々な症状を呈する疾患の総称です。その中でものどの閉塞により無呼吸を起こす閉塞型睡眠時無呼吸と呼ばれるものが多いです。原因として肥満、扁桃肥大などがあります。電車、バス、トラックの運転士が居眠り事故を起こした事例は記憶に新しいです。


通常の呼吸

睡眠時無呼吸症候群

suimin01 suimin02
気道が開いていて肺にスムーズに空気が流れている 気道が閉鎖されていて空気が流れるのが妨げられている
こんな症状はありませんか?
いびき、熟睡感がない
suimin03

日中の眠気

suimin04
夜中に目がさめやすい
suimin05
起床時の頭痛
suimin06
眠っている間に呼吸が止まる
suimin07
上記の他にも性格の変化、だるさ、幻覚、不眠があります。

主な原因

肥満 : 「大きなお腹」「首が太く短い」人は注意

小顎症 : やせていても顎が小さいと気道がふさがれやすい

扁桃腺肥大・アデノイド肥大

合併症

睡眠時無呼吸症候群は健康維持に重要な睡眠を阻害するため、さまざまな疾患(特に生活習慣病)を併発する頻度が高いと言われています。

普通の健康な人と比べ
脳血管障害になる可能性 4倍
高血圧症になる可能性 2倍
心筋梗塞になる可能性 4倍


検査について

suimin08   終夜睡眠ポリグラフィ検査(PSG検査)
 
睡眠時無呼吸症候群の原因や重症度を調べたり、治療方法などを決定するためには、十分な検査が必要です。終夜睡眠ポリグラフィ検査は、睡眠の状態を全身的にチェックする検査です。

入院して、脳波や心電図、胸部・腹部の動き、血液中の酸素の量などを測定するセンサー類を体に取り付けて、自宅と同様に一晩寝て検査を行います。痛み等は全くありませんので、ご安心ください。

 


 治療について

減量や飲酒を控えるなどの生活習慣の改善により軽減し治ることもあります。
suimin09        suimin10


 中~重症の方

suimin11 CPAP療法が有効的です。鼻マスクから気道に空気を送り込み、気道の閉鎖を防いで無呼吸をなくす治療。

治療当初は鼻マスクに違和感を感じる方も多いです。

※小児の無呼吸、いびきの原因として鼻の奥にあるアデノイド、扁桃腺によるものが多く、一般的に3歳以上であれば手術療法(アデノイド切除、扁桃腺摘出)による無呼吸、いびきは軽減します。

当院では健康管理センターにてご自宅でできるスクリーニング検査を実施しています。

また耳鼻咽喉科において簡易検査ならびに終夜睡眠ポリグラフィ検査(PSG検査)を実施しています。

詳細は、当院耳鼻咽喉科までお問い合わせください。

c22 耳鼻咽喉科へ

PageTop