泌尿器科


診療概要・特色

泌尿器科とは、尿路臓器(腎・尿管・膀胱・尿道)、男性性器(精巣・前立腺・陰茎など)、内分泌臓器(副腎など)を主に扱う診療科です。

疾患としては前立腺癌、膀胱癌、腎癌などの悪性腫瘍、前立腺肥大症、過活動膀胱、尿失禁、間質性膀胱炎などの排尿関連の疾患、尿路結石、等々です。 当院では、初診から検査、入院、手術、退院後の通院まで一貫して行うことができます。 特殊な手術として前立腺がんに対する内視鏡下小切開前立腺全摘術や腹腔鏡下での腎摘術(腎・尿管全摘も含む)も可能です。

経尿道的前立腺レーザー切除術(HoLEP)、従来の内視鏡では到達し得なかった部分の観察が可能になることで内視鏡観察下に、ホルミウムレーザーや特殊鉗子を用いて、尿管狭窄や尿路結石症のほか腫瘍の治療も可能です。

外来診療担当表

治療トピックス

 

医師紹介

 山田 芳彰 副院長 日本泌尿器科学会指導医・専門医
日本ミニマム創泌尿器科内視鏡外科学会 評議員
 青木 重之  泌尿器科部長 日本泌尿器科学会指導医・専門医・評議員
日本泌尿器内視鏡学会 
腹腔鏡技術認定医 日本癌治療学会 
がん治療認定医 日本内視鏡外科学会 
泌尿器腹腔鏡技術認定医 日本ミニマム創泌尿器内視鏡学会
腹腔鏡下小切開手術施設基準医
 原 浩司  医員 日本泌尿器科学会専門医
 中村 小源太
 森永 慎吾
PageTop