病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
契約情報
情報公開
病院機能情報公開
バリアフリー情報
オプトアウト情報
敷地内全面禁煙のお願い
輸血拒否に対する当院の対応
病院広報誌
よくあるご質問
ご意見箱
個人情報保護方針
医療安全管理指針
院内感染対策指針

放射線部

 放射線部では、一般撮影、X線TV検査、CT、MRI、血管撮影等の画像診断及び、IVR(画像診断を用いた、カテーテルによる血管内治療や、穿刺術を利用した治療等)を行っています。
 各科の医師と、診療放射線技師、放射線部看護師、事務員等がチームとなり、患者様により良い医療を提供するために努力しています。

主な検査

一般撮影
 胸部や腹部、骨や関節のX線撮影を主に行ないます。

 デジタル装置を使用しているため、低被曝で鮮明な画像が得られます。
 
骨密度測定
 2種類の異なるエネルギーのX線を照射し、骨と軟部組織の吸収率の差により骨密度の測定を行ないます。(DXA法)

 超音波を使用する方法に比べ精度が高いうえ、迅速な測定が出来ます。
 
乳房X線撮影(マンモグラフィー)
 乳房は、他の体の部分と違い、軟らかい組織でできているため、専用の撮影装置で撮影します。乳房をアクリル板で押さえて薄くして撮影する事により、より細かい病変を見つける事が出来るとともに、X線被曝も少なくする事が出来ます。

 撮影は全て女性技師が行なっています。
 
造影検査
 消化管(胃や大腸)に、バリウム等と空気を入れ粘膜面の微細な模様を描出します。また、造影剤を静脈注射で注入して胆嚢や尿路系の造影をしたり、経皮的に直接注入して、脊髄腔や椎間板を造影したりします。
 
X線CT
 体の周りを回転しながらX線を照射し、コンピュータで解析する事により、寝台に寝ているだけで、全身どこでも0.5mmの厚みの断層像を撮影できます。またそのデータをコンピュータに取り込み、様々な角度で観察したり、立体像として表示したりすることが出来ます。
 
MRI
 強力な磁石でできた筒の中に入り、寝台に寝ているだけでさまざまな角度の断面を撮影する事が出来るうえ、X線で得られるのと異なる情報を得る事が出来ます。

 MRIで使用する磁力は、通常の場合は人体へ影響ありませんが、ペースメーカーや金属類が体内に埋め込まれている場合は、検査を受けられない事があります。
 
血管撮影
 カテーテルという細い管を血管に挿入し、造影剤を注入する事により血管の走行や、その状態を検査します。

 狭くなっている血管を拡張したり、腫瘍を栄養している血管を詰めたりして治療を行なう事もあります。
PageTop