病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
契約情報
情報公開
バリアフリー情報
SNS情報
オプトアウト情報
敷地内全面禁煙のお願い
輸血拒否に対する当院の対応
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
医療安全管理指針
院内感染対策指針
日本医療機能評価機構認定

デジタルX線テレビシステムと病院用マンモグラフィ装置の導入


デジタルX線テレビシステムと病院用マンモグラフィ装置の導入

可児とうのう病院では、下記機器を新たに導入します。

c22 デジタルX線テレビシステム
従来のフィルム撮影からデジタル撮影に変更され、多様な検査に対応できるのみでなく、高画質と被ばくの低減を両立させることができます。
c22 病院用マンモグラフィ装置
断層撮影が可能となり、乳腺に隠れていた病変の観察が容易になりました。
そのほか、撮影時の痛みを軽減する仕組みや、温かみのあるデザインなど、リラックスして撮影しやすいようになっています。
PageTop